次号6月号は●5月25日発売
 最新号 4月25発売 5月号    定価1000円(税込)
特集T● 現代の88人
特集
U● 繰返し立ち返る歌
連載馬場あき子と読む、鴨長明「無名抄」(15)
新連載子規最後の八年 関川夏央
新連載短歌を考える 小池 光

短歌研究社トップへ
「短歌研究」5月号 全国書店で発売中   

 特集T● 現代の88人 現代代表歌人作品集 
 端午の節句にちなみ、男性代表歌人88人の饗宴です。
  清水房雄/宮崎信義/宮地伸一/小西久二郎/由良琢郎/関田史郎/久津晃/八城水明
  米満英男/足立敏彦西村尚高松秀明/奥村晃作/大河原惇行/田村武志甲村秀雄
  伊藤一彦/大島史洋/外塚喬安田純生/山田吉郎/島田修三/吉川宏志/嵯峨直樹 他
 特集Uエッセイ 繰返し立ち返る歌
  源俊頼が、歌ができなくなったとき、
  いつも思い出し読んでは初心に立ち返った歌がある
  と話題にされています。(小誌連載中『無名抄』平19・3月号)
  歌人として何かの時にいつも立ち返り、繰返し読むような歌があるか、
  作歌活動の上でどのような時、どういう為に、その歌に立ち返って読むのか、
  をお書き頂きました。
  岡野弘彦岩田正岡井隆田中子之吉石本隆一来嶋靖生篠弘綾部光芳山野吾郎
  佐佐木幸綱/前川佐重郎/高野公彦/三枝昂之/小池光/永田和宏/大塚寅彦/奥田亡羊 他
連載● 馬場あき子と読む 鴨長明「無名抄」(15)
      
――語れど尽きぬ歌への執心

鴨長明の歌論「無名抄」を、現代短歌を作る視点で読み解く座談会です。
全78章を24回に分けて、今月は第15回、第58章から第60章です。


  
(第15回)清輔宏才の事 俊成自讃の事 

   
馬場あき子/松平盟子/水原紫苑/米川千嘉子/桜川冴子/(補註)石井照子


シリーズ
作品季評(62)穂村弘(コーディネーター)/松坂弘/横山未来子
                
とりあげられた作品
 高野公彦/逸見喜久雄/梅内美華子
新連載 「子規、最後の八年」5   関川夏央
新連載 「短歌を考える」2   小池 光
作品
作品連載(30首)玉井清弘/日高堯子/穂村弘

第五十回「短歌研究新人賞」応募規定発表

 ★未発表の近作短歌30首。
 ★締切は2007年6月1日。(消印有効)


第二十五回「現代短歌評論賞」応募規定発表

 ★「日本語の変容と短歌――若者言葉から古典回帰まで」
 ★締切は2007年7月1日。(消印有効)


連載
上田三四二 その文学の軌跡(23)小説としての到達点……小高賢
塚本邦雄 徒然懐旧――斜交から見える父(25)……塚本史

口絵
庭園散策 (24)宮元健次「明月院」/(歌の選・解説)玉井慶子

短歌研究詠草   馬場あき子 選 
5首、はがきでご応募ください。(本誌添刷の送稿券を貼ってください)



うたう☆クラブ 栗木京子コーチ  (インターネットでの双方向やりとりで作品を磨きます。応募ページ
次号6月号予告 5月25日発売 定価1000円(税込)
月号  特集現代短歌の光芒─近々の25年
 
近々25年に亡くなった現代短歌のリーダーたちを中心に、どういう存在であったか、
 何をもたらしてくれ、何を受け取ったかなど、個々の歌人に即して考える特集です。

 土屋文明/前川佐美雄/柴生田稔/生方たつゑ/木俣修/葛原妙子/窪田章一郎/佐藤佐太郎
 斎藤史/宮柊二/高安国世/近藤芳美/前田透/塚本邦雄/上田三四二/大西民子/
 山中智恵子/富小路禎子/島田修二/春日井建/石川一成/
  
 馬場あき子と読む無名抄」16 作者をかくす事 他