第35回「現代短歌評論賞」応募要項

本誌では歌壇唯一の評論賞を設定しています。
作品と理論は相互に共鳴し、深化することが本来の姿と考えます。
新しい短歌の地平を開く評論が多数応募されることを期待します。

選考委員

篠 弘・佐佐木幸綱・大島史洋・三枝昻之・なみの亜子

課題

短歌総合誌のあたらしい役割

応募規定

課題に則した論文であること
未発表の論文であること

  • 枚数 四百字詰原稿用紙20~30枚相当(A4判を使用) 表題をつけること。
    パソコンの場合は、A4判用紙に縦書きで、罫線等使用せず標準的な体裁で印字すること。
  • ①出身地、②現住所・電話番号、③氏名、④生年月日、⑤職業、⑥歌歴・所属誌、
        ⑦論文の主旨内容を200字程度にまとめたもの
     を別紙に添付
    (「評論賞」発表掲載以外には使用いたしません)
  • 締切  平成29年7月1日(当日消印有効)
  • 発表 「短歌研究」10月号誌上
  • 賞  賞状・副賞10万円
  • 応募のご注意

  • 封筒には、<評論賞応募>と朱書して下さい
  • 応募原稿の返却はいたしませんのでご了承下さい
  • 原稿送り先

       〒112-8652 東京都文京区音羽1-17-14音羽YKビル
                短歌研究社 「短歌研究」編集部

    これまでの受賞者

    「現代短歌評論賞」受賞者と作品一覧
    対象作品 受賞者名
    昭和29年 第1回 「敗北の抒情」 菱川善夫
    「異質への情熱」 上田三四二
    昭和32年 第2回 該当者なし
    昭和33年 第3回 「短歌散文化の性格」 秋村 功
    昭和36年 第4回 該当者なし
    (一旦中止)
    昭和58年 第1回 該当者なし
    昭和59年 第2回 (特別賞)山下雅人・日夏也寸志
    昭和60年 第3回 「現代短歌における『私』の変容」 山下雅人
    昭和61年 第4回 「母性のありか」 喜多昭夫
    昭和62年 第5回 「『ライトヴァース』の残した問題」 谷岡亜紀
    昭和63年 第6回 「言葉の権力への挑戦」 加藤孝男
    平成1年 第7回 「持続の志‐岡部文夫論」 坂出裕子
    「思想兵・岡井隆の軌跡」 大野道夫
    平成2年 第8回 「鳥はどこでなくのか」 島瀬信博
    平成3年 第9回 「大衆化時代の短歌の可能性」 柴田典昭
    平成4年 第10回 「緩みゆく短歌形式」 小塩卓哉
    平成5年 第11回 「太平洋戦争と短歌という『制度』」 猪熊健一
    平成6年 第12回 「妊娠・出産をめぐる人間関係の変容」 吉川宏志
    平成7年 第13回 「アジアにおける戦争と短歌」 田中 綾
    平成8年 第14回 (優秀作)岩井謙一・ 田中晶子
    平成9年 第15回 (優秀作)岩井謙一・ 河路由佳
    平成10年 第16回 「短歌と病」 岩井謙一
    平成11年 第17回 「『も』『かも』の歌の試行――歌集『草の庭』をめぐって」 小澤正邦
    平成12年 第18回 「塚本邦雄と三島事件――身体表現に向かう時代のなかで」 小林幹也
    平成13年 第19回 「『戦争と虐殺』後の現代短歌」 森本 平
    平成14年 第20回 「時間を超える視線」 川本千栄
    平成15年 第21回 「死物におちいる病――明治期前半の歌人による現実志向の歌の試み」 矢部雅之
    平成16年 第22回 「インターネットからの叫び――「文学」の延長線上に」 森井マスミ
    平成17年 第23回 「寺山修司の見ていたもの」 なみの亜子
    平成18年 第24回 「現実感喪失の危機――離人症的短歌」 高橋啓介
    平成19年 第25回 「日本語の変容と短歌──オノマトペからの一考察」 藤島秀憲
    平成20年 第26回 「求められる現代の言葉」 今井恵子
    平成21年 第27回 「樹木を詠むという思想」 山田航
    平成22年 第28回 「或るホームレス歌人を探る──響きあう投稿歌」 松井多絵子
    平成23年 第29回 「短歌の口語化がもたらしたもの ──歌の『印象』からの考察」 梶原さい子
    平成24年 第30回 「抑圧され、記号化された自然〜機会詩についての考察」 三宅勇介
    平成25年 第31回 「相聞の社会性─結婚を接点として」 久真八志
    平成26年 第32回 「うたと震災と私」 寺井龍哉
    平成27年 第33回 「歌とテクストの相克」 三上春海
    平成28年 第34回 該当者なし
    平成29年 第35回 「黒衣の憂鬱――編集者・中井英夫論」 雲嶋 聆