短歌研究社刊 最新刊歌集・歌書

・全国書店からご購入できます
・インターネット、メール、お電話でのご注文も承ります ネットでのご注文はこちらからどうぞ
・送料は一冊200円です


『月の河』

葉月 詠 歌集 『月の河』

 

朔日叢書
2011.7.12刊/四六判/160頁
定価2,160円(本体2,000円)
ISBN 978-4-86272-204-1

昨年8月、「月の河」50首にて第4回中城ふみ子賞を受賞、
「安定した奥行のある一連」(時田則雄氏)と評された著者の
受賞作を集名とした6年ぶりの第二歌集。


かなしみは月の河より流れきて女の心をうす青く染む
歌といふ大き遺産を子にのこしスコールのごと逝きしふみ子は
かはたれのかくれんぼにて鬼とされ大人となりてこの世に残る
ゆふぐれの空と陸とのあひだには夕陽をしまふ空間がある
 


『夢の遺伝子』
前衛源氏学者の第一歌集

島内景二歌集『夢の遺伝子』

2011.8.7刊/A5判/208頁
定価2,916円(本体2,700円)
ISBN 978-4-86272-247-8


――現実を夢へと創り変へる。
   それこそが師、塚本邦雄から教はり、
   十八歳以来、私の中に流れる、
   「前衛精神」である。   (あとがきより)

梵論梵論の背広たばしる雪霰流竄の心まだ消えやらね
瑠璃谷の蝶白きまま紛れざる志ひとつ胸に朽ちつつ
失敗を幾度も須磨の旅人はわれにぞありける月曜休館
たちばなの薫大将 待人はつひに来ずして夢の散る里


   


『碑の丘』

吉田和人歌集『碑の丘 (いしぶみのをか)』


2011.9.1刊/四六判/208頁
定価2,916円(本体2,700円)
ISBN 978-4-86272-240-9

「草木」代表として、師 島田 修二急逝後も歌誌発行に力を尽し、
本年九月の創刊十周年 記念大会を前に他界した―― 著者自らが編んだ第二歌集

窓近く鶯啼けば新しきクラスに逢ふと階降りゆく
ワシントン郊外に雨曝しなりしエノラ・ゲイを君らは見たか
卒然と世を去りましし歌びとの非在の在を思ふわが日日
晩秋の波の夕照りあるがままありてかなしき死者も生者も