短歌研究
「短歌研究」7月号

2016年6月21日発売
1,000円(税込)

巻頭作品三十首  岡野弘彦
特別作品二十首 神谷佳子/綾部光芳/島崎榮一/紺野万里/渡英子/河路由佳/荻原裕幸/千種創一
特集 短歌と音楽の素敵な関係
尾崎左永子/福島泰樹/大島史洋/河野美砂子/吉川宏志 他
追悼 柏崎驍二 高野公彦/佐藤通雅/50首選 小島ゆかり
明星研究会・鼎談再録 与謝野晶子が愛した源氏物語  

この本を注文する

巻頭作品三十首 

岡野弘彦│飛天の歌

特別作品二十首 

神谷佳子│時に順ふ
綾部光芳│武甲山
島崎榮一│病中小吟
紺野万里│空の耳
渡 英子│夜床朝床
河路由佳│秘密裁判
荻原裕幸│万緑迷宮篇
千種創一│水文学(すいもんがく)

作品連載 第8回(最終回) 30首

秋葉四郎│鴨山行 街樹洞歌稿Ⅷ
奥田亡羊│男歌男ファイナル
永田 紅│二年

特集 短歌と音楽の素敵な関係

尾崎左永子│「ことば」の音楽性
大島史洋│近藤芳美とバルトーク
徳高博子│歌集『ヴォカリーズ』と歌曲「ヴォカリーズ」の関係
石井辰彦│自発的に引用される教養──歌舞伎とオペラ
フラワーしげる│短歌は音楽であるのか
河野美砂子│めぐるさ
千葉 聡│短歌はSHOUTだ、音楽だ!
吉川宏志│東山泉小中学校の校歌の作詞を体験して
松本典子│「詠う」と「謡う」についての断想
笹 公人│短歌は音楽だ
栗原 寛│短歌クロス・オーバー
三原由起子│つながる瞬間を待ちながら
永井 祐│日本語ラップ
福島泰樹│声は、記憶を揺さぶり情感を震撼させ……

鑑賞と返歌 音楽と出逢う歌

松井多絵子│それぞれの音感
小林幸子│天球の楽
依田仁美│聴覚系を励起する
英保志郎│音の行先
丸山三枝子│きりはたり
谷岡亜紀│無音の楽
三澤吏佐子│現代の馬子唄
松木 秀│鑑賞しにくいが魅力的な歌
田村 元│〈歌〉と短歌
齋藤芳生│彼女という音楽
みかみ凜│短歌だから届く着地点
久真八志│どろどろ

明星研究会・鼎談再録 与謝野晶子が愛した源氏物語

大沢優子/古谷円/米川千嘉子/松平盟子(司会)

追悼  柏崎驍二

高野公彦│「純」にして「勁」たる人
佐藤通雅│中津川の辺
柏崎驍二・作品五十首 小島ゆかり選

連載

塚本靑史│徒然懐旧譚(80)斜交から見える父
藤岡武雄│現代短歌の源流を求めて――観潮楼歌会の生原稿から 7
千葉 聡│短歌のとなりの物語 18
松平盟子│天窓からすべてを望めよ―安永蕗子の短歌と人生 29

短歌時評

寺井龍哉│水原紫苑の眺望

作品季評(第99回・前半)

栗木京子(コーディネーター)/広坂早苗/島田幸典
外塚喬「純黄の花」│飯田彩乃「永遠が近づいてくる」│鳥居歌集『キリンの子』

最近刊歌集・歌書評・共選

鶴岡美代子/塚本 諄/富田睦子

短歌研究詠草

選=高野公彦

うたう☆クラブ169回

コーチ=加藤治郎


グラビア  12ヶ月の歌(7)

東 直子│横山未来子「胸もとに水の反照うけて立つきみの四囲より啓(ひら)かるる夏」他