短歌研究
「短歌研究」8月号

2016年7月21日発売
1,000円(税込)

特別作品二十首 北沢郁子/吉村睦人/仲宗角/小嵐九八郎/中津昌子/川本千栄/高木佳子/染野太朗/吉田隼人
特集 七十一年目の八月
基調エッセイ 篠 弘
私が少年少女だったころ戦争があった
/かつての、そして今の戦争を考える
第七回中城ふみ子賞発表

この本を注文する

特別作品二十首 

北沢郁子│紫露草
吉村睦人│初夏の賦
仲 宗角│沙棗(すななつめ)の花
小嵐九八郎│かなたへの忘れもの
中津昌子│ひとつの指
川本千栄│真珠光
高木佳子│夏断
染野太朗│二十時頃
吉田隼人│瞑想録(レ・メディタシオン)

作品連載 第8回(最終回) 30首

外塚 喬│向日葵の顔
井辻朱美│このしあわせな花びら降臨
大松達知│ガチで

特集 七十一年目の八月

基調エッセイ
篠 弘「表現の危機を怖れる――七十一年目の敗戦忌に

私が少年少女だったころ戦争があった
波汐國芳│その時、私は少年兵だった
松川洋子│うろこ雲になって
米田律子│学徒動員とわが歌
蒔田さくら子│赤い空
大塚布見子│いくさの日々回顧
小見山輝│私の満州体験――あれは何だったのか
菊澤研一│勲章
山野吾郎│恐怖にさらされた日々
村永大和│昭和恋ほしも
奥村晃作│「戦争は悪だ」の声として聴く
青木昭子│秋、八十歳!
雁部貞夫│疎開生活こそ歌の原点

かつての、そして今の戦争を考える
山本登志枝│目に見えぬ不安
間瀬 敬│日本の良心
後藤恵市│寝しなの不安
櫟原 聰│戦争鑑賞人の変化
大野英子│韻律の力を信じて
加藤孝男│終わりなき戦争
石川幸雄│海の向こうの話ではなく
浦河奈々│吐き気をこらえて
田中教子│小さな存在を生きる
大口玲子│おのれ征かぬ戦争
梶原さい子│静かな語り口のなかに
吉岡太朗│胎動
服部真里子│そういうの
石井僚一│悲惨ではないものとしての戦争

第七回 中城ふみ子賞発表

選考委員講評 福島泰樹/梅内美華子/時田則雄

作品十首+エッセイ

最近、心に残った歌

横田英夫│長歌
鈴木 實│戦中戦後 このごろ
光原桂子│折鶴
村岡嘉子│糸瓜忌に
佐々木誠吾│猿澤の池
野田昂成│老来は
柴原明美│黒御影石
津波古勝子│海の嘘っぱち

連載

藤岡武雄│現代短歌の源流を求めて――観潮楼歌会の生原稿から 8
千葉 聡│短歌のとなりの物語 19
五十嵐淳雄│塚本邦雄の映画手帳 15
松平盟子│天窓からすべてを望めよ―安永蕗子の短歌と人生 30

短歌時評

寺井龍哉│怒りをこめて、ふりかえる

作品季評(第99回・後半)

栗木京子(コーディネーター)/広坂早苗/島田幸典
沖ななも「暇」│島田修三「星屑の町」│渡辺松男歌集『雨(ふ)る』

最近刊歌集・歌書評・共選

鶴岡美代子/塚本 諄/富田睦子

短歌研究詠草

選=高野公彦

うたう☆クラブ170回

コーチ=横山未来子


グラビア  12ヶ月の歌(8)

藤原龍一郎│塚本邦雄「われらみな殺さるるとも木は二月火は五月花八月の闇」他