短歌研究
「短歌研究」11月号

2016年10月21日発売
1,000円(税込)

巻頭作品三十首 島田修三/梅内美華子
特集一 吉井勇生誕130年
対談 細川光洋 vs 渡英子 
エッセイ 玉井清弘/伊藤一彦/相沢直樹/柳澤美晴 他
特集二 新進気鋭の歌人たち
武田穂佳/浅野大輝/阿波野巧也/西藤定/濱松哲朗/栗生えり/晴山生菜/門脇篤史/土岐友浩/田村ふみ乃
作品連載(新シリーズ)  久々湊盈子/春日いづみ/藤島秀憲

この本を注文する

巻頭作品三十首 

島田修三│深き夢より
梅内美華子│ドラゴンブルー

特別作品二十首 

松川洋子│いろはにほへと
小原起久子│茫漠の街
大山敏夫│勇気をふるふ
森本 平│狂泉のほとりにて
森井マスミ│あめはくたせり
中沢直人│ロートマイルド
花山周子│秋にしたいことを思う
森 富男│福祉への道

作品連載 新シリーズ 30首

久々湊盈子│晩熟
春日いづみ│もやもや重い
藤島秀憲│ミステリー 1 窓

特集一 吉井勇生誕130年

対談 「吉井勇とその時代―白秋との交流を中心に―」
細川光洋 vs 渡 英子

エッセイ
玉井清弘│「ふるさと」としての四国
伊藤一彦│岩城島の牧水、伯方島の勇
柳澤美晴│『五足の靴』に見る若き日の勇様
相沢直樹│「ゴンドラの唄」の魔力

秀歌百首 藤島秀憲選

人生の残夢春秋――戦中疎開日記抄

略年譜

特集二 新進気鋭の歌人たち

武田穂佳│むきだしの愛
浅野大輝│lighthouse
阿波野巧也│さらに音楽は鳴り続ける
西藤 定│それぞれの水場
濱松哲朗│秋の偽終止
栗生えり│パースペクティブ
晴山生菜│転校生
門脇篤史│アイラモルトに献ず
土岐友浩│バッド・ランド
田村ふみ乃│浅き水辺に

レポート

田中教子│女の詩声が降る――日英翻訳詩歌朗読講演会の記


連載

塚本靑史│徒然懐旧譚(82)斜交から見える父(最終回)
千葉 聡│短歌のとなりの物語 22
松平盟子│天窓からすべてを望めよ―安永蕗子の短歌と人生 33

短歌時評

喜多昭夫│受賞作を読む

書評

栗木京子│岡嶋憲治著『評伝 春日井建』

作品季評(第100回・後半)

小池光(コーディネーター)/大島史洋/石川美南
永田紅「二年」│佐伯裕子「感傷生活」│大井学歌集『サンクチュアリ』

最近刊歌集・歌書評・共選

田中あさひ/大久保春乃/辻聡之

短歌研究詠草

選=佐佐木幸綱

うたう☆クラブ173回

コーチ=加藤治郎


グラビア  12ヶ月の歌(11)

永田和宏│高安国世「黄葉より何ありとしも思わねど曲がりゆく道に誘われて行く」他