短歌研究
「短歌研究」10月号

2017年9月21日発売
1,000円(税込)

第35回現代短歌評論賞発表
巻頭作品三十首 高野公彦/東直子
新人賞受賞後第一作 三十首 小佐野彈│ページェント
再録 小野市短歌フォーラム
馬場あき子 vs. 宇多喜代子/永田和宏(コーディネーター)
対談「来し方を振りかえり《いま》を考える」
作品季評(第104回・前半) 小池光/高島裕/松本典子

この本を注文する

巻頭作品三十首

高野公彦│蕾をほどく
東 直子│夏の避雷針

特別作品二十首

時田則雄│けむり茸
佐伯裕子│太陽を見ない八月
永井 祐│それぞれの20首
大森静佳│声と花火

作品連載 三十首

沢口芙美│白子川辺に
松村正直│布引の滝
石川美南│体内飛行4 北西とウエスト

新人賞受賞後第一作 30首

小佐野彈│ページェント

第35回「現代短歌評論賞」

受賞 雲嶋 聆 「黒衣の憂鬱――編集者・中井英夫論」


選考座談会 篠 弘/佐佐木幸綱/三枝昂之/大島史洋/なみの亜子

候補作Ⅰ
石川幸雄│短歌の燭台
鈴木恵子│未来へ

候補作Ⅱ
二三川練│これからの短歌のために、短歌総合誌に求めること
鷺沢朱理│短歌総合誌における古典論の意義と役割
高山邦男│総合誌の志とこれから

「現代短歌評論賞」三十五回の軌跡

再録 小野市短歌フォーラム

馬場あき子 vs. 宇多喜代子/永田和宏(コーディネーター)
対談「来し方を振りかえり《いま》を考える」


特別レポート

正岡子規生誕150年記念特別展示
「子規の歳旦帳」


作品十首+エッセイ

最近、心に残った歌

正田益嗣│港の花火
滝山素子│ひまわり
生田澄江│石神井川
市村善郎│一日平坦
飛鳥游美│暴悪大笑の面
清田秀左右│八月十態
田中伸治│紫陽花の首
古志香│蚕のゐる夏

連載

海部宣男│星はなぜ詠われなかったか──詩歌で見る日本の星空 4(最終回)
千葉 聡│短歌のとなりの物語 32
五十嵐淳雄│塚本邦雄の映画手帳 21
今井恵子│短歌渉猟――和文脈を追いかけて10

短歌時評

吉岡太朗│沈黙の訓練 

作品季評(第104回・前半)

小池 光(コーディネーター)/高島裕/松本典子
宮原望子「来年も」│川野里子「幸徳秋水の墓」│奥田亡羊歌集『男歌男』

書評

佐藤通雅│波汐國芳歌集『警鐘』 
吉川宏志│石田比呂志歌集『冬湖』 
斉藤斎藤│坂井修一歌集『青眼白眼』  
島田幸典│大辻隆弘歌集『景徳鎮』 
八城水明│山野吾郎歌集『痩せ我慢』 
千葉 聡│大松達知歌集『ぶどうのことば』  
阿木津英│『玉城徹全歌集』  
寺井龍哉│塚本靑史著『肖てはるかなれ』 

最近刊歌集・歌書評・共選

橋本俊明/畑谷隆子/生沼義朗

短歌研究詠草

選=佐佐木幸綱

うたう☆クラブ183回

コーチ=斉藤斎藤


グラビア  12ヶ月の歌(21)

穂村弘│岸上大作「血の色の羽根ゆるされていることもただ十月の理由によりて」他