短歌研究
「短歌研究」4月号

2018年3月21日発売
1,080円(税込)

巻頭特別作品  
尾崎左永子/佐藤通雅
総力特集 不思議な歌の国・名古屋の研究  
――「どうしてみんな名古屋なんだろう」の答えを見つけに。
再録 明星研究会講演
松平盟子 『みだれ髪』を超えて~晶子と口語自由詩~
口絵エッセイ 日本の伝統行事の歌  
花見│佐佐木幸綱
第61回「短歌研究新人賞」応募要項
 第36回「現代短歌評論賞」応募要項  

この本を注文する

巻頭作品

尾崎左永子│暁の彩 (15首)
佐藤通雅│「皆々様」(30首)

作品連載 三十首

久々湊盈子│あかいめだまのさそり
春日いづみ│保育園の影となる土
藤島秀憲│ミステリー6 食

総力特集 不思議な歌の国・名古屋の研究
――「どうしてみんな名古屋なんだろう」の答えを見つけに。

第一部 平成名古屋競詠短歌 15首
大島史洋│山椒魚
彦坂美喜子│そこにしあれば
島田修三│断想、ときどき名古屋
小島ゆかり│ふるさとは名古屋です
加藤治郎│名古屋 反詩歌都市
大辻隆弘│銀鼠
加藤孝男│死者と学生の街、八事(やごと)
大塚寅彦│名古屋の妖怪GO
荻原裕幸│名古屋から離れて暮らすことができない
西田政史│茫漠
黒瀬珂瀾│光が丘に星降る午後を
谷川電話│電動パンダ
野口あや子│花首─今池に寄せて
  

第二部 論考 名古屋はいかにして歌の国になったのか。
小塩卓哉│名古屋歌壇のディープな百年

第三部 漫画
絵と文・土井ラブ平│名古屋短歌の新聖地!? 平和園の謎に迫る

再録 明星研究会講演

松平盟子│『みだれ髪』を超えて~晶子と口語自由詩~

連載

松岡秀明│光をうたった歌人――新・明石海人論 03
千葉 聡│短歌のとなりの物語 37
五十嵐淳雄│塚本邦雄の映画手帳 23
今井恵子│短歌渉猟――和文脈を追いかけて 15

短歌時評

なみの亜子│短歌のさし出し方

作品季評(第106回・前半)

穂村 弘(コーディネーター)/栗原 寛/服部真里子
永田和宏「入院前後」│春日いづみ「歩く男」│森島章人歌集『アネモネ・雨滴』

書評

山木礼子│奈賀美和子歌集『風を聴く』
梅内美華子│秋葉四郎歌集『樹氷まで』 
平田俊子│川野里子歌集『硝子の島』 
染野太朗│石井僚一歌集『死ぬほど好きだから死なねーよ』
佐藤弓生│有沢螢歌集『シジフォスの日日』 
中村幸一│長澤洋子著『庭のソクラテス』

最近刊歌集・歌書評・共選

風間博夫/長谷川と茂古/浅野大輝

短歌研究詠草

選=米川千嘉子

うたう☆クラブ188回

コーチ=なみの亜子


第61回「短歌研究新人賞」応募要項
第36回「現代短歌評論賞」応募要項  


グラビア  日本の伝統行事の歌――花見

佐佐木幸綱