短歌研究
「短歌研究」2月号

2018年1月21日発売
1,080円(税込)

巻頭作品十五首  橋本喜典
特集一 ひろがる短歌
特別対談 三浦しをん vs. 東直子
「短歌と小説、行ったり来たり」
特集二 あたらしい相聞歌をさがして  
特集三 平成と昭和の「大東京競詠短歌」を読む 
第36回「現代短歌評論賞」応募要項  
この本を注文する

巻頭特別十五首 

橋本喜典│さうなのか

特別作品三十首 

三枝浩樹│すぎゆきの時、いまの時

作品二十首 

山野吾郎 │少し先まで
大塚布見子│冬知らず
今野寿美 │封

作品連載 三十首

沢口芙美│ゴンドラ
松村正直│秋の耳たぶ
石川美南│体内飛行5 エイリアン、ツー

特集一 ひろがる短歌

特別対談
三浦しをん vs. 東直子  「短歌と小説、行ったり来たり」

論考
千葉 聡│歌人の枠を超えて
寺井龍哉│「なぜいま短歌はひろまるのか」についての論考

特集二 あたらしい相聞歌をさがして

寄稿
「愛をうたうことについて」
佐佐木定綱/野口あや子 


作品十首
小佐野彈 │白い破片が
小坂井大輔│愛ってなぁに
小島なお │豆電球
佐佐木定綱│花束ごと
鈴掛 真 │海より深い
瀬戸夏子 │源平合戦
鳥  居 │虚栄の焼却
野口あや子│花を喰う

特集三 平成と昭和の「大東京競詠短歌」を読む

論考 三枝昻之│地霊としての東京
抄録 昭和大東京競詠短歌

新連載

松岡秀明│光をうたった歌人――新・明石海人論 01

連載

五十嵐淳雄│塚本邦雄の映画手帳 22
今井恵子 │短歌渉猟――和文脈を追いかけて 13
千葉 聡 │短歌のとなりの物語 35

短歌時評

なみの亜子│歌がいい、ということ

作品季評(第105回・後半)

佐佐木幸綱(コーディネーター)/沖ななも/和嶋勝利
高野公彦「蕾をほどく」│森垣岳「電気泳動」│松本典子歌集『裸眼で触れる』

最近刊歌集・歌書評・共選

風間博夫/長谷川と茂古/浅野大輝

短歌研究詠草

選=高野公彦

うたう☆クラブ186回

コーチ=横山未来子


第36回「現代短歌評論賞」応募要項  


グラビア  日本の伝統行事の歌――節分

黒瀬珂瀾